2014年11月29日

発生が増えるらしい

人にはいろんな苦手なものっていうのが
存在しているのではないかと思いますが、
そういった苦手なものの中には落雷っていうのが
上がる人っていうのもいるかと思います。

あの光とバリバリという音とともにやってくるのは
やはり恐怖っていうのを感じてしまっても仕方ないのではないかと思いますが、
そんな雷っていうのが今後は増える傾向にあるっていう話を聞いたら、
ちょっとショックを受けてしまう人っていうのもいるのではないかと思います。

これはアメリカの研究チームが発表したことになるようですが、
今後、温暖化が進む気候モデルの中に計測した値などを加味して検証した結果、
落雷は増える傾向にあるということが分かったようです。

世紀末までに今の50%の増加っていうことになりますので、
単純に1.5倍ということになれば、それなりの数が増えるっていうことになるかと思います。

雷が増えることによる影響っていうのは、人にあたることが増えたり、
山火事などが起きたりっていうことが考えられるようです。

温暖化っていうのが進む中で、
どうしても雷が起きるための燃料ともいえる水蒸気っていうのが増えていくことになれば、
仕方ない部分っていうのは出てくるのではないかと思いますが、
嫌いな人にとっては良いニュースとは言えないのかもしれません。

もちろん今後の気候だったり、あくまで予想のモデルということなので、
違った結果になる可能性っていうのもないわけではないですが、
増えると覚悟しているほうが良いかもしれません。
  


Posted by イコラ at 21:05天気