2010年02月16日

マイクロソフトが対抗

スペインで開催中の携帯電話の見本市でマイクロソフトが新しい基本ソフトの発表を行ったみたいです。
今後、秋にでもこの新しい基本ソフトを導入した携帯電話が発売されるみたいで、
これは秋の注目の携帯になりそうですね。

携帯電話で言うと、どうしてもイメージ的にはグーグルが発表したアンドロイド携帯や
アップルの愛フォーンに押されがちなイメージを受けるマイクロソフトですが、
この新しい基本ソフトを導入した携帯電話で巻き返しなるかっていうところでしょうか。

ちなみに、予定されている携帯電話では
最新のパソコン用のOSであるウインドウズ7の多様な機能を携帯に応用したみたいです。

ウインドウズ7はパソコンのほうではかなり盛り上がってますよね。

携帯電話ではちょっと遅れをとっているイメージのあるマイクロソフトですが、
パソコンのほうでは日本では圧倒的なシェアを獲得しているんじゃないかなって思います。

この携帯電話はウインドウズ・フォーン7と名付けられ、
エックスボックスなどと連携して使うことが出来るようになるみたいです。

エックスボックスユーザーの人にとってはかなり楽しみな携帯電話になるんじゃないかですかね。
ちなみに、日本では東芝を含む各国のメーカーが生産を行うみたいで、
年末商戦期に合わせて売り出されるみたいです。

まだ2010年も始まったばかりだというのに、
年末商戦っていうのは何だか気が早いこともしなくもないですが、
今からどんな携帯電話になるのかが楽しみですね。