2010年08月05日

裏切られた!?

裏切りっていうのはいつ聞いてもあんまり良い気はしないですね。
それが何が悪いものを退治するためにやるのであれば、百歩譲って良い気はしますけど、
出来れば自分の人生の中でもそうはやりたくないことかなぁ~って思ったりします。
でも、この裏切りっていうのも一方的な勘違いでそう思い込んでいるだけっていうこともありますからね。
なかなか難しいものなのかなって思ってみたりもしますけど、
ちょっと前にやたら裏切られたって騒いでいた人がいましたね。
その人っていうのはアルゼンチンの監督であり、
一時期はそのプレーでアルゼンチンの国民だけではなく世界中のサッカーファンを魅了したマラドーナ。
このマラドーナが率いたチームは残念ながらW杯で優勝することは出来ませんでしたが、
なかなかW杯を盛り上げてくれたのではなかったでしょうか。
その後も継続して監督をするとか、
もうその地位からは退くとかいろんなことが言われてましたけど、
マラドーナ的にはやりたかったんでしょうね。
プレーで世界を魅了した後は采配で監督して世界を魅了したかったのではないでしょうか?
これは完全に勝手な憶測ですけど。
でも、残念ながらその夢は叶わなかったようで、
退陣することとなってしまったのですが、どうやらGMなどに裏切られた結果、
そうなったみたいで、会見では裏切られたと告白していたみたいです。
それがどれくらい本当なのかっていう話がないことはないですが、真実はどうなんでしょうね。



同じカテゴリー(サッカー)の記事
 ゴールの判定を改革へ (2010-07-13 06:28)