2010年12月20日

ファミマが葬儀をビジネス化

今まで地域の中で行われることがほとんどだった葬儀関係の行事。
また、そのお金については、地域柄というかその地域ごとの特色などを出ていることが多く、
全国的な平均とか定額でいくらかっていうようなことはほとんど分からないでした。
それをこれぐらいの目安っていうように定額化したのがイオンでしたが、
イオンが葬儀ビジネスに参入したのを皮切りに
他の異業種でも葬儀ビジネスへと参入を決めるところが増えているみたいです。
代表的なのが、ファミリーマート。コンビニでは有名なファミマですが、
イオンと同様に葬儀ビジネスへと参入するみたいで、その動向が注目されています。
事業としては、コンビニで葬儀のあれこれを出来るようにするっていうことみたいですが、
そうなるとさらになんでも出来るコンビニっていうのが完成しますよね。
まさかコンビニが出来たころは葬儀の申し込みまですることが出来るようになるなんて
まったく思いませんでしたが、これも時代の流れっていうやつなんでしょうね。
確かに今の時代の流れから言えば、高齢化がますます進む中で
葬儀の回数っていうのは増えることになりますので、
確かな成長ポイントとしては当然の戦略なのかもしれません。
今はまだ代表的な2つとしては、イオンとファミマだけですが、
今後も異業種の葬儀参入があるかもしれません。
そうなれば、葬儀ビジネスも一気に加熱っていうことになっていくのではないかと思います。