2015年05月31日

撤廃で

労働に関する法律っていうのは、色々あるかと思いますが、
派遣についても決まりっていうのが存在します。

その決まりっていうのは、派遣業務は3年間と決められたもので、
それ以上働くのであれば派遣からその上の契約へとつなげなければいけないというものです。

これにより、派遣から社員へとなったケースっていうのもあったりするようですが、
その一方で3年経過したら契約が打ち切られたというものもあるようです。

こういった3年間っていう契約に関してですが、
どうやら今後、ルールが変わり、部署が変われば良いということになるようです。

部署が変われば、その3年間というのは一度リセットされ、
再び3年間は契約として働くことが出来るということになります。

そして、また3年後、同じ部署に戻ってきたとしても、
それは部署の移動ということになるので、改めて3年間ということになるようです。

つまり、2つの部署を行き来することで、ずっと契約として働くことが出来るということになってしまい、
契約の人にとってはいつまでも契約から脱出できないということになってしまうようです。

その一方で、期間が延長ということになれば、
3年間で契約が解除されるという心配がなくなるから良いというような声っていうのもあったりするようではありますが、
どちらのほうが良いのかっていうのは人それぞれということでしょうか。

ただ、ドイツでは、契約期間の上限を撤廃したところ、契約が一気に増えたという話もあるようで、
日本でも同じことが起きるかもしれません。