2010年05月30日

フリーズドライで天国へ

死んでしまった後は火葬だったり土葬だったりといろいろありますが、
その中で新たなフリーズドライ葬っていうのが今後登場してくるみたいです。

フリーズドライっていうと何かの食品みたいですよね・・・

そもそもフリーズドライっていうのは食品を急激に乾燥・冷凍させることで
美味しさはそのままに食卓に届けることができるっていう手法だったと思いますが、
これを人間に適用させることによってフリーズドライ葬っていうのを実現することが可能になったんだとか。

これで埋葬することで、土の中で分解されるのに多少の時間はかかるものの
植物などに養分を与えることにもなるということなので、
非常に良いことなのかなって思います。

死んだ後にどうされるかっていうのは倫理的な問題なので、
他のものに栄養を与えるから良いとは一概に言うことはできないかもしれませんが、
今後、こういった埋葬の仕方が続々と登場してくるのではないでしょうか。

日本では倫理的な問題としてかなり注目を浴びると思いますけど、
採用されるかどうかはどうなんでしょう?


ちなみに、スウェーデンでは導入がすでに決まっていて、
年間で1500人の埋葬が予定されているみたいです。
それ以外の国でもかなり関心が集まっているみたいなので、
とりあえず、日本はおいておくとしても世界中に広まることは間違いなさそうですね。
今後、自分が死んだ後、どのように埋葬してもらうかっていうことが選べる時代がくるのかもしれないですね。